item #
SA5-304
上泉信綱
上泉信綱
上泉(大胡)信綱は上州大胡の土豪で長年箕輪城の長野氏に仕え、武田信玄の上州侵略を防ぐのに大活躍した武将です。(伊勢守とも称されます)
長野氏滅亡後、上泉信綱に惚れ込んだ信玄は、武田家への仕官を勧めますが断られ、その才能を惜しみ、自らの「信」の字を与えたと伝えられています。
信綱の活躍は兵法を極めるために全国行脚に出てからの方が有名で、時の将軍・義輝への指南や、他流試合で柳生宗厳を破るなど「剣聖」と言われる程、その剣技と人柄が称えられた人物です。
武将として優れていただけでなく、剣の道を極め、柳生新陰流をはじめ後世の兵法に大きな影響を与えた日本を代表する兵法者としても知られています。 
この人形は、長野氏に仕えていた頃の戦国武将としての信綱の姿を再現しています。

1/5スケール
上泉信綱
台座サイズ: W 245mm×
D 185mm×
H 20mm
全体の高さ(台座含む):  400 mm

http://www.1059d..com