item #
SA-5-211

上杉謙信
上杉謙信(行人包・萌黄地陣羽織)
無類の戦(いくさ)巧者であると同時にその深い信仰心と信義に厚い高潔なイメージから、武田信玄と並んで戦国時代を代表する武将として不動の人気を誇り、映画やドラマでもいわゆる二枚目俳優が演じることの多いのがこの謙信です。
上杉謙信の肖像は、絵では上杉神社に残る小圃千浦画伯のもの、銅像では春日山城址に建つものが有名ですが、この人形はその両方を参考にし、白布を行人包にし、萌黄色の陣羽織をまとい、手に軍配を持って立つ最もオーソドックスとも言える上杉謙信の戦場で指揮を振るう姿を再現したものです。
主要スペック
行人包(白頭巾)
義眼・描き髭
黒小札紺糸威胴丸
佩立
衣服 紺地銀糸直垂、
萌黄地陣羽織
付属 太刀、尻鞘、腰刀、軍配
上杉謙信 上杉謙信
上杉謙信
5周年を機に、あらたに1/5スケールで新作を企画するにあたり、従来以上に細部にまでこだわってデザインいたしました。

最も腐心したのが陣羽織のデザインで、上杉謙信の肖像画は、比較的新しいものでは、上杉神社・稽照殿に納められている小圃千浦(おばたちうら)画伯作の上杉謙信像が有名ですが、この陣羽織は、この肖像をモチーフにし、当時最も高級とされた羅紗の質感を持つ萌黄色の生地を使い、前の折り返し部分にはアクセントに赤い紐飾りをあしらったものです。

また、衣装だけでなく小道具類に至るまで細部を見直し改良を加えました。下写真は、右手に持たせる軍配ですが、上越市や米沢市の上杉神社に残る独特の柄の長い軍配を忠実に再現、腹には金の日輪(日の丸)、柄の先には古代紫の紐飾りを付け精巧なつくりにしています。
1/5スケール
上杉謙信(行人包・萌黄地陣羽織)
台座サイズ: W 245mm x D 185mm x H 20mm
全体の高さ(台座含む): 約 430mm


http://www.1059d..com