item #
SA-5-101

源義経
源義経(鎧兜)
「判官びいき」という言葉に象徴されるように、源義経は、当時から現代に至るまでずっと「悲劇のヒーロー」としての変わらぬ人気を誇る日本史上の代表的なキャラクターです。戦における天才的な戦術眼を持つと同時に、一方では政治音痴とも言える子供のような純粋さも合わせ持つその人物像が、シンプルな潔さを好む多くの日本人の心を捉えて離さないのでしょう。
人一倍小柄で、「五条大橋の決闘」、「壇ノ浦での八艘飛び」など、その身軽さを生かしたエピソードに事欠かない義経ですが、この人形ではそうした伝承を考慮し他の1/5スケールの人形より少し背丈を低くして製作しています。また、義経の肖像画には薄い髭が描かれていることが多いのですが、この人形では、大河ドラマと同様、敢えて髭を描かず、義経の若者らしい爽やかな風貌を再現してみました。
主要スペック
総髪髷無、義眼
黒小札赤糸威大鎧
衣服 緋色地拮抗亀甲文様金襴直垂、
付属 太刀、腰刀、箙、弦巻、弓
源義経  源義経
源義経
新シリーズの義経の頭(かしら)の製作にあたっては、従来の日本人形では見られない、凛々しい中にも優しいまなざしを持った現代風(ジャニーズ風?)の美男子の顔立ちにしています。また、義経の肖像画には薄い髭が描かれていることが多いのですが、戦国堂の義経人形では、敢えて髭を描かず、義経の若者らしい爽やかな風貌を再現してみました。

さらに、人形の頭(かしら)や胴体だけでなく、身に付ける小道具に至るまで改良を加え精巧なつくりを心がけています。
この源義経人形は、右手に鞭をもっていますが、これも当時の形を忠実に再現し、本シリーズのために特別に製作したものです。
また、矢を納める箙(えびら)も当時の形状を再現し(右写真)、目立たない人形の後ろ部分にも手を抜かず精巧な作りにしています。
1/5スケール
源義経(鎧兜)
台座サイズ: W 245mm×
D 185mm×
H 20mm
全体の高さ(台座含む):  470 mm

http://www.1059d..com