item #
FS-104
武田信玄 軍旗セット
※上記写真は、撮影時における光の反射防止のため、額のガラスを取り外して撮影されています。

[仕様]
1)軍旗は専門家の書籍を基に、意匠・色・寸法比等忠実に再現したものです(大野信長氏著:「戦国武将 家紋・旗・馬印 FILE 100」学研を参照)。
2)額は色紙額を利用し、額の全体サイズは、縦横:29 x 26 cmです。
3)題字プレートには、高級感のある木板に重ねた真鍮板を使用し、当該武将の家紋が印刷されています。
[解説]
戦国最強と恐れられた武田信玄の戦陣では、他の武将に比して様々な種類の意匠・色彩の軍旗が用いられましたが、ここではその中でも代表的なもの4つを掲載しています。風林火山の旗として有名な左から2番目の旗(馬標)と右端の諏訪法性の旗は、信玄の本陣に掲げられました。また左から三番目の日の丸は、甲斐源氏伝来の御旗で、武田家では君臣一同この旗と、同じく先祖伝来の盾無しの鎧の前で、勝利を近い出陣した、と伝わっています。

Special framed set of Takeda Shingen's colors/banners
額装「武田信玄公之軍旗」セット
(4本セット)
額サイズ:260 x 290 mm

http://www.1059d..com