武者人形工房 ★★★ 戦国武将 (織田信長 上杉謙信 武田信玄 etc.) 武者人形、戦国武将グッズの「戦国堂」 公式サイト ★★★
戦国武将・武者人形の戦国堂
menu HOME 人形の特徴 特注製作 武者人形一覧 姫人形一覧 飾り台・屏風 人形ケース
限定商品 色紙(武将の言葉) 端午の節句 FAQ 通信販売表記 ギャラリー 資料室
端午の節句 FAQ 通信販売表記 ギャラリー 資料室 店主の部屋
注文方法 How to order E-mail

LANGUAGE
日本語のページへ
jump to the English page

織田信長
織田信長
上杉謙信
上杉謙信
武田信玄
武田信玄
今川義元
今川義元
北条氏康
北条氏康
徳川家康
徳川家康
直江兼続
直江兼続
真田幸村
真田幸村
斎藤道三
斎藤道三
加藤清正
加藤清正
源義経
源義経
武蔵坊弁慶
武蔵防弁慶
源頼朝
源頼朝
那須与一
那須与一
新田義貞
新田義貞
馬上武者
伊達政宗
明智光秀
明智光秀

松永久秀

端午の節句・五月人形
-こどもの日、その意味と歴史-



楠木正成公端午の節句は長い歴史の中ではぐくまれた日本の誇る生活文化です。そして時代とともにその風習の中心的担い手が変化し、その変化に応じて飾るものも飾り方も変わってきています。昔の人たちが時代の変化に応じて様々な工夫を重ねてきたように、こうでなくてはならないという定まった飾り方・祝い方があるわけではないので、お子様の健やかな成長を願う気持ちを込めて、各家庭でいろいろアイデアをこらして、明るく楽しくお節句をお祝いしましょう。

端午の節句の意味 

節句(せっく)は、日本の暦の一つであり、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日のこと。この日には、日本の宮中において節会(せちえ)と呼ばれる宴会が開かれました。年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めました。それが人日の節句、上巳の節句、端午の節句、七夕の節句、重陽の節句の五節句です。

五節句
漢名 日付 和名 お祝い料理/酒等
人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句 七草粥
上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句 菱餅、白酒など
端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒、関東では柏餅、関西ではちまき。
七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 裁縫の上達を願い素麺が食される。
重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 菊酒


端午の節句の歴史

奈良時代の騎射(うまゆみ) 現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。奈良・平安時代の端午には、災厄を避けるための行事が行われる重要な日でした。宮中ではこの日、軒に菖蒲やよもぎを挿し、臣下の人々は菖蒲を冠に飾ったり、菖蒲の葉で作った薬玉(くすだま)を柱に下げたりしました。また、災いをもたらす悪鬼を退治する意味で、騎射(うまゆみ)、競馬(くらべうま)などの勇壮な催しも行われました。
 民間でも軒に菖蒲を挿し、また、子どもたちが小弓を引いたり、印地(いんじ)と呼ばれた石合戦を盛んに行いました。この印地は江戸の初めまで続きましたが、危険なため禁止されて、後には菖蒲切りというチャンバラごっこから、菖蒲打ちといって菖蒲の束で地面を叩き、音の大きさを競う遊びへと変化しました。

武家中心の祝事へ

菖蒲 鎌倉時代には宮中の端午の行事は衰えますが、代わって時代の担い手となった武家の間で、季節を代表する植物「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句とも表される様になり、この日を大切にする気風が生まれ、また、男の子に兜や太刀を贈ったりしました。民間でもこの頃から、菖蒲湯、菖蒲酒、菖蒲枕など、菖蒲に関する風習が盛んとなりました。
 江戸時代、完全な武家社会に移ると、端午は幕府の重要な式日となり、大名や旗本は染帷子(そめかたびら)の式服で江戸城に出仕し、将軍にお祝いを述べました。また、将軍に世継ぎが生まれると、城中にたくさんののぼりや作り物の槍、薙刀、兜などを立てて盛大にこれを祝いました。民間でも、こうした武士の気風をまねて、初節句には厚紙でこしらえた大きな作り物の兜などを屋外に飾りました。家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。こうして端午の節句は、武家のみならず民間にまで広がって、男の子の誕生を祝う日となったのです。

民間への普及と内飾りと外飾り

 鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜は、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。作り物の鎧兜は、やがて屋内に引き入れられ、精巧なミニチュアの内飾りに変化していきます。
江戸時代ののぼり飾り また、外飾りの場合は、民間ではのぼりに武者絵などを大きく描いて、にぎやかに飾り立てました。そして、江戸も中期を過ぎる頃から、町の人々のアイデアで鯉のぼりが考案され、次第に大きくなって江戸の空を悠々と泳ぐようになりました。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。
 明治時代に入ると、新政府の方針でそれまでの節句行事が廃止され、あらたに国の祝祭日が定められたため、端午の節句も一時衰えました。しかし、男の子の誕生を祝いその成長を祈る日は、やはり人々の生活の中に深く浸透しているだけに、やがて復活し、今日まで盛大に祝われています。

 このように、端午の節句は長い歴史の中にはぐくまれた、日本の誇る生活文化です。そして時代とともにその風習の中心的担い手が変化し、その変化に応じて飾るものも飾り方も変わってきているのがお分かりいただけると思います。昔の人たちが時代の変化に応じて様々な工夫を重ねてきたように、こうでなくてはならないという定まった飾り方・祝い方があるわけではないので、お子様の健やかな成長を願う気持ちを込めて、各家庭でいろいろアイデアをこらして、明るく楽しくお節句をお祝いできれば良いということになります。

現代の一般的なお祝いの仕方

菖蒲湯 端午の節句のお祝いは、本来五月五日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いをしてもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。ごちそうは、鯉や栗、それにちまきや柏餅がつきものです。また、端午の節句と菖蒲は切ってもきれないものです。菖蒲は邪気を避け魔物を祓う薬草とされており昔から端午の節句に使われています。家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして菖蒲酒にして飲んだりします。また、菖蒲枕といって枕の下にしいたり、お湯の中に入れて菖蒲湯にして入ります。いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から使われるならわしです。

初節句とは

 男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。

お祝いの贈り方

織田信長公 節句飾りセット 初節句に飾る五月人形は、お嫁さんの実家から贈るのが普通ですが、現在は、可愛いお孫さんのために両家で折半することもあります。五月人形は、前述のような意味があるのですから、おじいさんやおばあさんが心を込めて自ら選びたいものです。男の節句とされていたので昔は鎧や兜はお父さんやおじいちゃんが飾るのが習わしでしたが、現在では特にこだわる必要はないそうです。4月中旬までには飾りの準備を終わらせ、当日か前日の晩には両家両親や知人を招き、縁起物のご馳走でもてなします。 また、今でも「強い香気による厄払い」という意味が込められた「菖蒲湯」には性別年齢関係なく入浴しています。
 お仲人さんや親戚、友人は、金太郎や桃太郎などの人形や、鯉のぼりを贈るのが一般的です。両家共にお祝いしたい場合や、親戚からの贈り物をする場合には、内飾り(五月人形)と外飾り(こいのぼり)を分担して購入されるのもお勧めです。 また、五月人形は一人一飾りと言われていますが、比較高価な品物のため、お子様の名前を記した名前旗を一人一飾りとして用いる場合も多いようです。 こいのぼりは、お子様が生まれるごとに、子鯉を足していく事が多いようです。

INDEX
HOME人形の特徴武者人形一覧特注人形家紋武者人形
源義経|平家一門|新田義貞楠正成織田信長今川義元
上杉謙信武田信玄武田勝頼徳川家康直江兼続伊達政宗真田幸村
北条氏邦天草四郎ナポレオン限定セット人形ケースギャラリー資料室
FAQ通信販売表記店主の部屋
ENGLISH注文方法E-mail


Copyright (C) by INTER-LAB CORPORATION. All rights reserved.
掲載内容・写真の無断転用を禁じます。