武者人形工房 ★★★ 戦国武将 (織田信長 上杉謙信 武田信玄 etc.) 武者人形、戦国武将グッズの「戦国堂」 公式サイト ★★★
戦国武将・武者人形の戦国堂
HOME 人形の特徴 武者人形一覧 特注人形 家紋武者人形
源義経 平家一門 足利尊氏 新田義貞 楠正成 織田信長 今川義元
上杉謙信 武田信玄 武田勝頼 徳川家康 直江兼続 伊達政宗 真田幸村
北条氏邦 天草四郎 ナポレオン 限定セット 人形ケース ギャラリー 資料室
FAQ 通信販売表記 店主の部屋 注文方法 E-mail

LANGUAGE
日本語のページへ
jump to the English page

織田信長
織田信長
上杉謙信
上杉謙信
武田信玄
武田信玄
今川義元
今川義元
北条氏康
北条氏康
徳川家康
徳川家康
直江兼続
直江兼続
真田幸村
真田幸村
斎藤道三
斎藤道三
加藤清正
加藤清正
源義経
源義経
武蔵坊弁慶
武蔵防弁慶
源頼朝
源頼朝
那須与一
那須与一
新田義貞
新田義貞
馬上武者
伊達政宗
明智光秀
明智光秀

松永久秀

北条氏邦
Houjo Ujikuni



北条(藤田)氏邦 丸に三つ鱗
 北条(藤田)氏邦
 (ほうじょう うじくに − ふじた うじくに)
北条氏康の四男、幼くして北武蔵の有力豪族藤田氏の養子となり家督を継承、鉢形城主(埼玉県寄居町)として主に北条領の北方方面を担当、上杉謙信や武田信玄という戦国最強の敵に伍して勇敢に戦い、後北条氏の関東制覇の最大の功労者とも言える猛将が北条氏邦で、全国的な知名度には欠けますが、北関東で生まれ育った私(店主)にとっては、大変身近で親しみのある武将です。
戦場での勇敢さはもとより激情家として、北関東の武将達に恐れられた氏邦ですが、一流の民政家としても知られ、今日に至るまで地元で顕彰され慕われ続けているという一面も併せ持っています。人形は、戦場で采配を振るう血気盛んな青年武将・氏邦の勇敢な姿をイメージして制作されています。武翔

注1) 各人形の写真をクリックすると、アングルの異なる拡大写真と解説をご覧いただけます。
注2) 表示価格には消費税が含まれておりません。なお、本サイト(戦国堂)からのご注文を希望される方は、上記メニューからE-mailをクリックし、メールにてご注文内容をご連絡下さい。
注3) ここでご紹介する武者人形は、他店ではお求めになれない「戦国堂」オリジナルの人形です。
一体ずつ職人の手作りによる製作のため、大量生産はしておりません。また、新作については、頭(かしら)、鎧兜、衣装、その他付属品が揃って初めて組むことができるという非常に手間と時間を要する製作工程のため、企画から完成まで数ヶ月〜半年程度の日数がかかります。各人形とも数体の在庫しか持っておりませんので、品切れの際はご容赦下さい。
注4) 在庫が3体以上あるものについては特に表示をしておりませんが、在庫が2体を切った商品については、青字で在庫数を表示しております。また、赤字で「在庫切れ」とあるものは一時的に在庫を切らしておりますが、後々追加製作し補充される商品です。なお、赤字で「完売御礼」とあるものは、頭やパーツの型がなく、再製作が難しく補充される予定のない商品です。

1/5スケール

SA-5-601
北条氏邦
北条氏邦
(鎧兜)
価格等については、武者人形
(一覧)ページをご参照下さい。



戦国堂の北条氏邦人形について

北条氏邦と聞いて、すぐどんな武将であったか語れる人は、相当な戦国通でしょう。西の毛利氏がそうであったように、関東の覇者・後北条氏は、代々天下を望まないのが家訓で、氏康、氏政、氏直と三代に渡る宗家当主のもとで、関東攻略の一翼を担った氏邦も、ローカル色が強く、残念ながら関東以外ではあまり知名度の高い武将とは言えません。

後北条氏中興の祖とも称される名将・北条氏康の四男として生まれた氏邦は、氏康の関東攻略の一翼を担い、西武蔵の大石家を継いだ三男・氏照同様、北武蔵の有力豪族・藤田氏の養子となり家督を相続しています。この辺の巧妙な勢力拡張策は、西国の毛利氏における両川(fりょうせん=吉川、小早川両家)のお家乗っ取り劇と酷似しています。

鉢形城主となった氏邦の担当した北武蔵は、当時の北条領内の最重要方面であり、名だたる強豪・上杉謙信や武田信玄と直接刃を交える三つ巴の争乱の地でした。氏邦は、時代を代表する二人の強豪と何度も干戈を交え、時には苦戦しながらも撃退し、領国を北方に拡大させています。偉大な父・氏康の死後は、宗家当主に代わって、兄・氏照(八王子城主)とともに、後北条氏の軍事を分担し、野戦を好む勇敢な指揮官として知られていただけでなく、エキセントリックな激情家としても関東の豪族達に恐れられていたようです。

北条氏邦印判一方で、翕邦邑福(きゅうほうゆうふく=国中が一つになれば福を招く、の意)の印判を用いた氏邦は、一流の民政家としても知られ、新田開発、治水、殖産興業、寺院保護による文化興隆等数々の足跡を領国内に残し、当時から今日に至るまで地元で顕彰され慕われているという一面も持っています(例えば、近代日本の繊維産業を支えた北関東の養蚕業の礎を築いたのが北条氏邦と伝えられており、現代の多くの地元の人々にとって北条氏邦は勇敢な武将というより堅実な民政家としてのイメージの方が強いようです)。

また、愛妻家で生涯側室を持たなかった点、戦闘で夫を失った寡婦に対し細やかな気遣いが窺われる手紙が残っている点、小田原宗家の兄・氏政が処分に困った恋人同士の男女の家臣を鉢形城で引き取った逸話など、弱者に対して非常に細やかな気遣いをする心優しい一面も垣間見られる武将です。

推測するに、一般人よりも感情の総量が大きい(感情の振幅も大きい)というか、勇敢であり非情であり激情家であるという極めて戦国武将らしい荒々しいハードな側面を持ちながら、同時に、神経が細やかな温情家で弱者に優しいという多分に女性的でソフトな側面をも併せ持った人物だったのではないか、と思われます。そんな人間味溢れる性格の特徴も、今日に至るまで地元で慕われている一因ではないでしょうか。人間・北条氏邦について調べれば調べるほど、多くの意外なエピソードにつきあたり、その人物像について興味が尽きません。

豊臣秀吉の小田原攻めに伴う鉢形開城後、前田利家に引き取られ、加賀で余生を送った氏邦ですが、残念ながら肖像画、木像の類は一切伝わっていません。このことは、今回の人形制作にあたっては、参考資料が少なく非常に難しいと感じられる反面、逆に、ある程度好きなように作る自由度が保証されているということでもありました。

とは言え、まったく時代考証を無視したいい加減な人形を作るのは本意ではないため、日頃から戦国時代の資料や時代考証に関して大変お世話になっている鉢形城歴史館にご協力をお願いし、様々なアドバイスをいただきながら完成したのが右写真の人形です。

制作に当たっての主要な注意点は次の通りです。

1、頭(かしら=面相、顔立ち)
肖像画の残る兄・氏政と同じ母(瑞渓院)の子であるとの通説から、氏政同様細身の端正な顔立ちとするも、肖像画の氏政よりは武将らしい精悍な顔立ちとしています。

2、兜
氏邦着用と伝わる「三十二間筋兜」(秩父椋神社奉納)を参考にし、吹き返しに同じ「尾長三つ巴」の文様を施し、前立てには、小田原宗家とは異なる氏邦独自の家紋「丸に三つ鱗」を採用(出典:「鉢形落城哀史」他)。
氏邦が兜の吹き返し部分に「三つ巴」の文様を施した理由は不明ですが、北条氏の最前線で、強豪・上杉謙信や武田信玄とまさに三つ巴の戦いを演じ渡り合った氏邦の強烈な自負心の表れではなかったかと推測しています。

3、鎧・陣羽織等装束
「黒備え」として知られている自らの軍団(鉢形衆)に対してその装備・装束について規定した「氏邦印判状」を参考にし、規定通り自身の陣羽織を黒とし、鎧は黒小札紺糸威の地味な色彩の作りとしています。デザイン的アクセントとして、陣羽織の背中と前の折り返し部分に「丸に三つ鱗」の家紋を金糸で刺繍、大将の装束らしい高級感を演出しています。

4、人形のポーズ
野戦指揮官として勇猛で名高い若き日の氏邦のイメージから、右脚を一歩踏み出し采配を持つ右手を高く掲げた戦場での躍動感のある大将らしいポーズとしました。なお、氏邦が実際に戦場でどんな采配を使用していたかは不明ですが、この人形では、色彩的アクセントとして赤い采配を持たせています。

結果として、澄ましたおとなしいポーズではなく、従来以上に臨場感のある凛々しい人形に仕上がったのではないかと自負しています。制作に当たり、資料の提供だけでなく、人形の色使いやポーズに至るまで各所でアドバイスをいただいた鉢形城歴史館のスタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。


北条氏邦
正面

北条氏邦
左前面

北条氏邦 兜
兜と前立(丸に三つ鱗)

北条氏邦 陣羽織
陣羽織背面


北条氏邦 人形
鉢形城歴史館エントランスホールの
北条氏邦公人形





鉢形城歴史館は、きれいに整備され自然豊かな鉢形城公園の敷地内にあり、城の歴史や後北条氏に関する資料や遺物が豊富に展示、保存されています。公園内は発掘・調査が進み、往時の戦国時代らしい大城郭がわかりやすく復元されています。歴史館で一通り知識を得た上で、運動も兼ねて広大な公園内を散策するだけでも十分一日を楽しく過ごせるでしょう。特に桜の季節はお勧めです。

[鉢形城歴史館]
〒369-1224 埼玉県大里郡寄居町大字鉢形2496-2
(関越自動車道・花園ICから車で15分)
TEL 048-586-0315

→鉢形城歴史館についての詳細は、寄居町の公式サイトで


鉢形城歴史館遠景

常設展示室内のジオラマ


INDEX
HOME人形の特徴武者人形一覧特注人形家紋武者人形
源義経|平家一門|新田義貞楠正成織田信長今川義元
上杉謙信武田信玄武田勝頼徳川家康直江兼続伊達政宗真田幸村
北条氏邦天草四郎ナポレオン限定セット人形ケースギャラリー資料室
FAQ通信販売表記店主の部屋
ENGLISH注文方法E-mail


Copyright (C) by INTER-LAB CORPORATION. All rights reserved.
掲載内容・写真の無断転用を禁じます。